塾講師になる前に

塾講師バイトの面接で聞かれる質問と採用される5つのポイントを解説

塾講師バイトの面接でよく聞かれる質問と採用される5つのポイント

「塾講師のバイトの面接ってどんな感じ?」
「面接ではどんなことを聞かれるの?」
「面接で気を付けることは?」

今回はこんな疑問や悩みを解決していきます。

新人講師
バイトに応募したけど面接があるらしい
どんなことを聞かれるのかなぁ..

 

塾講師のバイトに応募をすると、まず始めに面接を行います。

学習塾の面接はなんだか難しそうなイメージがありますよね。

 

本記事では、塾講師バイトの面接でよく聞かれる質問と採用される5つのポイントを解説します。

記事の内容

  • 面接当日の流れ
  • 採用される5つのポイント
  • 面接で気を付けること
  • 面接の服装&持ち物

運営者のプロフィール

記事の信頼性

筆者は大手学習塾5社の面接を受け、全校舎で採用されました。
その面接のノウハウを全公開しているので、ぜひ盗んでいってください。

 

それでは、塾講師バイトの面接に向けて対策をしていきましょう!

面接当日の流れ

新人講師
面接当日の流れがイメージできなくて不安です
当日の流れに合わせて解説していきます!
プロ講師

塾講師バイトの面接は30分程度で行われることが多いです。

学力テストがある場合は1時間半くらいかかると考えておいた方が無難です。

 

1.教室へ向かう

面接当日に遅刻しないように事前に場所を調べておきましょう。

遅刻厳禁は当然ですが、授業をしている可能性があるので早く着きすぎるのもNGです。

5分前くらいに教室に到着できれば問題ないです。

 

2.机に案内される

教室に入ると、保護者と面談するための部屋や区画に案内されます。

「失礼します」とひと声添えて、席につくようにしましょう。

 

3.履歴書を出す

まず始めに履歴書の提出を求められます。

履歴書を見ながら面接を進めていきますので、履歴書も手を抜かずに書きましょう。

 

4.面接開始

履歴書をベースに15分ほど面接を行います。

聞かれたことに対して正直に答えましょう。

 

質問内容は「面接でよく聞かれる質問」にまとめました。

 

5.学力テスト

塾によっては学力テストを行うことがあります。

ぼくが面接を受けた塾の中でも5社中3社で学力テストがありました。

 

レベルとしては、高校入試および高校基礎レベルの問題です。

採用を決めるためではなく、生徒のレベル観を決める指標としてテストを行います。

 

6.面接 終わり

学力テストを終えたら面接は終了となります。

授業が行われている時間帯だと「授業見学していきますか?」と言われることがあります。

時間が許すならば、見学させていただきましょう。

 

プロ講師
授業の邪魔をすることになるので、挨拶とお礼はしっかり伝えてください。

面接でよく聞かれる質問

面接で聞かれる質問は学習塾や授業形式によって異なります。

ここではどの学習塾でも聞かれるような質問とアドバイスをまとめました。

 

自己紹介・自己PR

「簡単に自己紹介をお願いします」
「お名前と大学名をお願いします」

最初に聞かれる質問です。

あまり長くても迷惑なので、「名前」と「大学名」くらいで十分です。

 

志望動機

「志望動機を教えてください」
「どうして塾でバイトしようと思ったのですか?」

明確に自分の中で答えを持っておいた方が良いです。

「将来教育関係の仕事に就きたい」
「自分のスキルアップ」
「塾に恩返しがしたい」

時給の高さも塾講師の魅力ですが、お金だけではやり切れないのが塾講師です。

 

アルバイト経験

「これまでバイト経験はありますか?」
「いま他にアルバイトをしていますか?」

これまでのバイト経験を聞かれることもあります。

 

バイト経験がないとダメという訳ではないので初バイトの方も安心してください。

ココに注意

前のバイトを辞めた理由も聞かれる可能性があるので、しっかりと説明ができるようにしておきましょう。

 

教えられる科目

「教えられる科目を教えてください」
「高校生の〇〇の指導はできますか?」

塾講師として採用されたあとの指導科目に関わります。

 

採用されたい気持ちが強くなるのも分かりますが、背伸びをした回答は控えましょう。

できないことをしっかり伝えることも重要です。

 

どんな先生になりたいですか?

「どんな先生になりたいですか?」
「どんなことを意識して生徒と関わりますか?」

塾講師としての意識を試す質問です。

 

アルバイトとはいえ、生徒から見たらプロ講師もアルバイト講師も同じです。

自分が先生になることを自覚して、どんな心構えで生徒と関わっていくのか考えておきましょう。

 

シフト希望

「シフトの希望はありますか」

塾講師バイトの多くは曜日固定のシフトになります。

毎週月曜日の〇時~〇時の授業のように固定で出勤することになります。

 

出勤できない時間帯も伝えましょう。

また、実習などで出勤できない期間があらかじめ分かっている場合はその旨も伝えましょう。

プロ講師
たまに「頑張れば出れます」と回答をする講師もいますが、頑張らなくていいので確実に出れるシフトを伝えましょう。

 

交通手段

「ここまでの交通手段を教えてください」
「どのような交通手段で出勤することになりますか」

交通手段と所要時間を伝えてください。

交通費は支給される塾がほとんどです。

 

電車を使って出勤する場合は、学生定期外の交通費が支給されます。

車出勤が認められていない塾もあるので、車での出勤を考えている方は面接のときに相談してみてください。

 

採用される5つのポイント

採用される5つのポイント

学力よりもコミュニケーション能力の方がずっと必要です。

多くの講師に会ってきましたが、賢くてもコミュニケーションが苦手な先生が結構います。

 

面接の際はしっかり会話をして、自分にコミュニケーション能力があることをアピールしてください。

プロ講師
くれぐれも「コミュニケーション能力が高いことが長所です」とは言わないように!

 

採用される5つのポイント

  • 言葉遣い
  • 笑顔
  • 堂々と話す
  • 聞かれたことに答える
  • 伝わるように話す

言葉遣い

言葉遣いは印象に大きく関わるので気をつけましょう。

大学1年生だと敬語を使うのも難しいと思います。

難しい言葉は使わなくて良いので、返事(「はい」「分かりました」)と語尾(「です」「ます」)だけは気を配りましょう。

プロ講師
よくある間違いとして、「了解です」は上司に使う敬語ではないので、「分かりました」を選ぶよう気を付けてください。

 

笑顔

緊張すると思いますが、会話の節々でほどよく笑顔が出せると印象は良いです。

怖い顔をした先生よりも、明るくて気さくな先生の方が関わりやすいですよね。

 

堂々と話す

これから先生になる人が下を向いてモジモジしていたら心配になりますよね。

落ちるときは落ちると割り切って堂々と話しましょう。

プロ講師
頼りになる先生に生徒はついてきます

聞かれたことに答える

聞かれていることにしっかり答えるなんて当たり前だと思いますよね?

緊張によるものが大きいと思いますが、会話のキャッチボールが成立しない人は結構います。

 

質問の意味が分からない場合は、「〇〇ということですか?」と遠慮せずに聞いてください。

 

伝わるように話す

面接はコミュニケーションの場です。

あなたの話し方や説明力が試されていると思っていいでしょう。

これから生徒に指導していくならば、説明力は当然求められます。

 

面接で気を付けること

次は面接で気を付けることを3つピックアップして紹介します。

 

面接で気を付ける3つのこと

  • 挨拶から見られている
  • 嘘はつかない
  • できないことは正直に言う

挨拶から見られている

第一印象が非常に重要です。

教室に入るところからもう面接は始まっていると思ってください。

 

入るときから気持ちのいい挨拶をして、しっかりアドバンテージを取りましょう。

 

嘘はつかない

面接でいろいろなことを聞かれると思いますが、嘘はつかないように気を付けてください。

あとで自分が嘘の設定に苦しむことになるので、当たり前のことですが嘘や誇張したことは言わない方が身のためです。

 

できないことは正直に言う

できないことは正直に伝えましょう。

「何曜日は出勤できません。」
「理科は自信がないので指導できません。」

できないことはできないと言ってくれた方が、塾としても助かります。

採用されるために背伸びしたくなる気持ちは分かりますが、正直に伝えましょう。

 

面接当日の服装

面接当日の服装は基本はスーツです。

何も書いてない場合でも、「私服で良いですよ」と言われない限りはスーツが無難です。

 

男性の場合は、髭や長髪は避けた方が無難です。
女性の場合は、ナチュラルメイクを心掛け、ロングヘアの方はまとめておきましょう。

 

コロナ禍で入学式もなかったため、スーツを持っていない大学生もいると思います。
その場合は教室長に相談すれば理解してもらえると思うので相談してください。

 

面接当日の持ち物

面接当日の持ち物は以下の4点です。

当日の持ち物

  • 履歴書
  • 身分証明書(免許証・学生証など)
  • 場所を調べる地図(スマホでも可)
  • 筆記用具
  • スマホ・携帯電話
  • スケジュール帳
  • マスク

 

履歴書は忘れないように自宅を出発する前に必ず確認しましょう。

書類や学力テストがあるので筆記用具と印鑑も持っていくようにしてください。

 

さっそく研修日の打ち合わせをする場合もあるので、スケジュール帳もしっかり持って行きましょう。

プロ講師
ぼくも初面接のときは持ち物が分からず不安でした

 

面接当日にあるとよい物などは別記事でまとめています。

塾講師バイトの面接に必要な持ち物を確認!リュックでも大丈夫?
塾講師バイトの面接に必要な持ち物を確認!リュックでも大丈夫?

「塾講師の面接は何が必要?」 「当日はリュックでもいいのかな...」 今回はこんな悩みを解決していきます。 新人講師バイトの面接が決まったけど何を持って行けばいいんだろう?   塾講師バイト ...

続きを見る

塾講師バイト面接 まとめ

塾講師バイトの面接で聞かれる質問と採用される5つのポイントを紹介しました。

どの塾も聞かれることは似ているのでぜひ参考にしてください。

 

最後に採用されるポイントをまとめると、教室長に「一緒に働きたい」と思わせたら採用です。

記事の内容の繰り返しになりますが、コミュニケーション能力と人がらを見ているので自信をもって話してください。

 

塾講師になったみなさんと一緒にお仕事ができることを望んでおります。

面接頑張ってきてください。

 

塾講師バイトの面接に必要な持ち物を確認!リュックでも大丈夫?
塾講師バイトの面接に必要な持ち物を確認!リュックでも大丈夫?

「塾講師の面接は何が必要?」 「当日はリュックでもいいのかな...」 今回はこんな悩みを解決していきます。 新人講師バイトの面接が決まったけど何を持って行けばいいんだろう?   塾講師バイト ...

続きを見る

-塾講師になる前に
-,

© 2021 塾講師ノート